毒草一覧次の花
オモト


春の終わりから夏の初めにかけてこのような変った花を咲かせます。群がって自生しているところを見てみたいですね。そもそも薬用植物として栽培されていたので毒があっても不思議ではないですね。つやつやした葉が人気です。


毒草名  オモト(万年青)、万年青(まんねんせい)、老母草(おもと)
学 名  Rohdea japonica ROTH
特 性  ユリ科 オモト属、常緑多年草
花 期  5〜7月
仲 間  マユハケオモト
毒部位  全草、根
成 分  ロデイン(Rhodein)、ロデキシン(Rhodexin)、サポニン(Saponin)
症 状  嘔吐、不整脈、痙攣、運動麻痺、呼吸異常、心臓麻痺




日本特有のポピュラーな観葉植物で古くから栽培されています。園芸店で普通に手に入りますね。愛好家も多く品種改良も盛んで200以上の種があるそうです。庭に植えると災難を防ぎ万年も家が栄えるといわれ、新築や引越しのお祝い事に使われています。


 

大きな株という意味の「大本(おおもと)」から「オモト」。葉が常に緑色をしているところから「万年青(まんねんせい)」と言われています。


 

萎れた実です。


-------- マユハケオモト --------

 

山野草展に行った時みつけたので写真を撮らせていただきました。


-------- 赤花マユハケオモト --------

 

まだ開き始めです。

-------- 獅子系オモト --------



獅子葉(ししば)といって葉先が裏側にカールしているもの。

-------- ムラサキオモト(Rhoeo discolor HANCE ) --------



オモトの仲間ではなく、一属一種のツユクサ科ムラサキオモト属の植物。葉がオモトに似ていて、葉の裏が紫色のところからこの名前がつきました。紛らわしいですね。


痙攣・全身麻痺・呼吸麻痺

≪MRMO≫
・薬効(外用):根茎[手足の腫れ、むくみ、ふけ]、葉[乳腺炎]
・大分県の御許山(おもとやま)が元祖といわれる。
・引越し万年青
・嘉永年間の熱狂では、幕府が売買禁止令を発令した。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS